賃貸マンションの注意点〜絶対イヤ!隣人トラブル〜

生活して分かったら

どんな物件であっても、暮らし始めてわかることがあります。
たとえば、建売であれば、住み始め下水槽に問題があった等というケースもあります。
場合によっては、損賠賠償問題となるようなこともあります。
賃貸マンションであっても、そういうケースがあります。
しかし、損害賠償のような法律問題にまで至らなくても、たとえばキッチンの使い勝手が悪いなどの問題も出て来るかもしれません。
あるいは、トイレが使いづらいということもあるかもしれません。
そういう場合、賃貸マンションであれば、許容しなければいけないと思われますが、実際は、そうではありません。
一定条件下で、リフォームが可能となっています。
マンションリフォームというと、中古物件を購入し、新築並みにする、というのが、王道のようですが、実は、賃貸でもあり得ることです。
しかし、先にお話しているように、一定の条件という留保があります。
それは、オーナーからの許可を取ることです。
法律上、賃貸物件で大規模工事をする場合、オーナーからの許可が必要なことが規定されています。
リフォームは、大規模工事に相当するため、オーナーの許可を必要としています。
また、賃貸マンションでリフォームする場合、区分所有法も適用されます。
すなわち、専有部分に限られ、共有部分とされる配管などは、リフォーム対象外となっています。
なお、小規模工事であれば、わざわざオーナーの許可を取る必要はありません。
たとえば、トイレなどにウォシュレットを設置するなどは、小規模工事であるため、オーナーの許可がなくても、実施できます。

お役立ち情報

Copyright (C)2017賃貸マンションの注意点〜絶対イヤ!隣人トラブル〜.All rights reserved.