賃貸マンションの注意点〜絶対イヤ!隣人トラブル〜

マンションならではの重要点

通称、マンション法と呼ばれるものがあります。
これは、区分所有法を意味し、分譲マンションの際に、語られるケースが多くなっています。
しかし、同じマンションである以上、賃貸マンションでも適用されるようです。
中でも、共有と専有は、重要な規定となっています。
マンションは、集合住宅であり、同一敷地内に多数の世帯が暮らしています。
共同で使用できるところもあれば、入居者が独占して利用できるところがあります。
共同使用が求められる場所が共有であり、独占利用が可能であるのが専有です。
前者の代表的なところでは、マンションの正面玄関です。
通用門でもあり、誰かが専有でしようということであれば、問題が多いことは、当然のことでしょう。
専有は、賃貸マンションであれば、借りている居室全体です。
けれども、共有と専有は、明らかに区別できる場所ばかりではありません。
専有と接していながらも、共有とされているところがあります。
代表的なところでは、ベランダであり、基本的に大きな荷物などを置くことができません。
緊急避難となるため、緊急時、だれもが使用できなければなりません。
また、床下などの配管も、共有部分となります。
分譲マンションであれば、リフォーム対象外となるところです。
賃貸マンションであっても、こういう共有と専有をきちんと弁えておくことが、重要です。
さらに、集合住宅での暮らしであれば、日常生活でのマナーも大事です。
互いに受忍限度を弁えることが重要であり、それを越えるような生活の振る舞い方は、いたずらにトラブルを引き起こすため、十分念頭に入れておくべきでしょう。

Copyright (C)2017賃貸マンションの注意点〜絶対イヤ!隣人トラブル〜.All rights reserved.