賃貸マンションの注意点〜絶対イヤ!隣人トラブル〜

正式契約をする

是非入居したい、という賃貸マンションがあり、入居審査も無事に通ったとします。
いよいよ正式契約となり、賃貸契約を不動産管理会社と結ぶようになります。
その際、諸々の内訳があり、賃貸暮らしをするのであれば、知っておくべきことでしょう。
まず、賃貸マンションでもそのほかでも、契約費用を支払うのは、入居日予定の前日まで問題ないようです。
しかし、あまりにも長くなれば、新居よりも、現在入居しているところに家賃が発生する可能性があります。
退去予定日から一週間を過ぎれば、一か月分の家賃が発生するとのことです。
賃貸から賃貸への転居の場合は、注意が必要でしょう。
また、契約費用の内訳は、家賃、敷金、礼金、仲介手数料、火災保険料が一般的です。
中には、保証代行会社が介在していたり、あるいは、利用する場合があります。
その際には、保証金も発生することになっています。
また、火災保険料と保証金以外は、家賃を基準としています。
敷金、礼金、仲介手数料は、家賃の何か月分というのが、通常です。
一般的には、1から2か月分であるようです。
仮に、家賃が10万円とすれば、最高で70万円ということです。
これに、数万円の火災保険料と保証金が加わることになります。
さらに、引越し代も含めれば、相当なお金となります。
賃貸マンションといっても、それなりの資金が必要です。
ただし、これは、あくまで家賃次第となります。
家賃が安ければ、それだけ費用が少なくなることは言うまでもありません。
なお、敷金は、退去時の修繕費用に回される可能性のあるお金で、返還される場合もあります。
また、礼金は、オーナーに対するお礼のお金です。
今では、敷金と礼金のないゼロゼロ物件と呼ばれる、賃貸マンションも多数あるようです。

Copyright (C)2017賃貸マンションの注意点〜絶対イヤ!隣人トラブル〜.All rights reserved.